【Photoshop】文字をリアルな炎の形にする炎テキスト

Photoshopで文字を燃え盛るリアルな炎で装飾する方法です。

 

背景を作成

新規ドキュメントを作成します。

・幅:1,200

・高さ:850

 

 

【塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成】から【べた塗り】を選択。

 

 

カラー;200d07

 

テキスト入力

フォント:Aller Light

サイズ:230

 

 

このような文字が作成されます。

 

 

作業用パスを作成

テキストレイヤー上で右クリック【作業用パスを作成】を選択。

 

 

文字の周りにパスが作成されます。

 

「フィルター」で「炎」を適用

パスを表示させたまま新規レイヤー作成

テキストレイヤーは非表示にしておきます。

 

 

 

【フィルター】メニュー【描画】から【炎】を選択。

 

 

【基本】

【長さを乱数的に変化させる】のチェックを外し、

【ループ間隔を調整】にチェックを入れておきます。

・炎の種類:2.複数の炎(パスに沿う)

・長さ:114

・幅:35

・間隔:45

・画質:高(低速)

 

【詳細】

【シェイプを乱数的に変化させる】にチェックを入れておきます。

・乱流:40

・ギザギザ:20

・不透明度:50

・炎の線(複雑さ):30

・炎の下端を揃える:20

・炎のスタイル:2.バイオレンス

・炎の形状:5.ポインティング

 

 

炎を作成したらパスを削除しておきます。

ここまででこのような文字ができました。

 

雲模様を加える

新規レイヤーを作成します。

 

 

【塗りつぶしツール】を選択。

 

 

カラーは白と黒で、白を前面にしておきます。

 

 

クリックし白で塗りつぶします。

 

 

白で塗りつぶしたレイヤーを右クリックから【スマートオブジェクトに変換】

 

 

もう一度右クリックから【クリッピングマスクを作成】

 

 

このような表示になります。

 

 

レイヤーパネルはこのようになっています。

 

 

そのまま【フィルター】メニュー【描画】から【雲模様1】を適用。

 

 

雲模様1が適用されこのような文字になっています。

 

 

ここまででレイヤーパネルはこのような状態になっています。

 

フィルターギャラリーを適用

次に【フィルター】メニュー【フィルターギャラリー】を選択。

 

 

【スケッチ】内から【浮世彫り】を選択。

・ディテール:14

・滑らかさ:3

・照射方向:下へ

 

 

パネル右下にある+(新しいエフェクトレイヤー)をクリック。

 

 

先ほどと同じ設定の【浮世彫り】が追加で適用されます。

 

 

このように重ねて適用されました。

 

 

もう一度+(新しいエフェクトレイヤー)をクリック。

【ブラシストローク】内の【はね】を選択。

 

 

・スプレー半径:10

・滑らかさ:5

 

 

ここまででこのようになります。

 

 

レイヤーパネルから【ソフトライト】に変更。

 

 

レイヤーパネルからオレンジ部分をダブルクリックし【レイヤースタイル】パネルを開きます。

【レイヤー効果】を選択し【このレイヤー】部分のカーソルをドラッグし調節します。

カーソルは【Alt】を押しながらドラッグで分裂させることができます。

 

 

ここまでで文字はこのようになりました。

 

炎テクスチャを追加

より燃えている炎の感じを出すためテクスチャを重ねていきます。

 

 

描画モードをスクリーンにし位置など調整しながらかさねていきます。

 

 

【塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成】あるいは【イメージ】メニュー

【色調補正】から【色相・彩度】を選択。

・色相:+5

・彩度:-36

・明度・0

に設定しました。

 

 

レイヤーパネル・文字はこのようになっています。

 

 

この要領で炎を増やしていきます。

 

煙テクスチャを追加

次に炎に煙を追加していきます。

描画モードをスクリーンにして文字に重ねていきます。

 

 

重ねたら色相・彩度を調節していきます。

【色彩の統一】にチェックを入れ、

・色相:217

・彩度:25

・明度:-40

に設定しました。

 

 

【レイヤースタイル】パネルを開き【レイヤー効果】を選択。

【下になっているレイヤー】のカーソルをドラッグし調整。

 

 

また、不要な部分の煙はマスクしブラシで消してあります。

 

 

同様に煙を追加していきます。

 

火花テクスチャを追加

描画モード:覆い焼き(リニア)加算

*使用する素材によって変更

 

 

火花を文字の角などに重ねていきます。

 

 

さらに違う火花素材を追加。

描画モード:カラー比較(明)

不透明度:79%

 

 

ここまででこのようになっています。

 

 

テキストレイヤーをコピーしぼかす

テキストレイヤーをコピーし選択。

 

 

【フィルター】メニュー【ぼかし】から【ぼかし(ガウス)】を選択。

半径:23.0

 

 

・描画モード:ハードライト

・不透明度:30%

 

 

テキストの下に全体的な煙を追加。

マスクしテキスト下側を消しています。

*ここは省いてもOKです。

 

 

火の粉テクスチャを追加

一番上に火の粉のテクスチャを追加します。

・描画モード:覆い焼き(リニア)加算

・不透明度:81%

 

 

不要な部分はマスクしブラシで削除していきます。

 

 

ここまででこのように仕上がっています。

 

カラールックアップを適用

最後の仕上げです。

レイヤーパネル【塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成】から、

【カラールックアップ】を選択。

 

 

【属性】パネル

・3D LUTファイル:FoggyNight,3DL

【レイヤーパネル】

・不透明度:15%

 

 

これで完成です。

お疲れ様でした。

 

 

チュートリアル動画

まとめ

テキストから作業用パスを作成し炎フィルターを適用するだけでも「炎テキスト」ができますが、テクスチャを追加して行くことでより燃え盛る炎を演出できます。

使用する素材によっては「描画モード」「色相・彩度」など微調整してください。

今回は「【Photoshop】文字をリアルな炎の形にする炎テキスト」の作成でした。

また、次回をお楽しみに。

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG