【Photoshop】文字を雲のように表現する。雲文字作成方法。

今回はPhotoshopでテキスト入力した文字を雲のように表現してみました。

 

1、背景画像の空を明るく調整

背景画像を配置。

 

 

レイヤーパネルから背景の空レイヤーを選択し【レイヤー効果】を追加します。

パネルが開いたら【カラーオーバーレイ】を選択。

・描画モード:カラー(3dacfa)

・不透明度:70%

 

 

次に【レベル補正】を選択。

以下の数値に設定します。

 

 

鮮やかな青空になりました。

 

「雲ブラシ」を作成

【ブラシツール】を選択し【設定】パネルから【ソフト円】を選択。

【ブラシ先端シェイプ】を選択。

・直径:50px

・硬さ0%

・間隔:15~25%

 

 

【シェイプ】

・サイズのジッター:33%

・最小の直径:0%

・傾きの大きさ:0%

・角度のジッター:45%

・新円率のジッター:6%

・最小の真円率:25%

 

 

【散布】

・散布:77%

・数:1

・数のジッター:40%

 

 

右上にあるアイコンをクリックし【新規ブラシプリセット】を選択。

 

 

名前をわかりやすく「雲01」でOK。

 

テキスト入力し「ぼかし」「波紋」を2回適用

テキストを入力します。

 

 

フォント:Leckerli One

 

 

テキストレイヤーを右クリックから【スマートオブジェクトに変換】

 

 

【フィルター】メニュー【ぼかし】から【ぼかし(ガウス)】

 

 

・半径:3.5px

 

 

【フィルター】から【変形】内の【波紋】。

 

 

・量:55%

 

 

もう一回づつ【ぼかし(ガウス)】【波紋】を適用します。

 

 

文字はこのようになっています。

 

作成したブラシで文字を描画

新規レイヤーを作成。

 

 

【ブラシツール】を選択し先ほど作成した【雲01】を選択。

・不透明度:30%

 

 

文字をなぞってブラシで描画します。

何度か繰り返し描画しはみ出すくらいでOK。

 

 

テキストレイヤーを非表示にしたらこのような感じに描画されています。

 

 

二つのレイヤーをグループ化しておきます。

 

テキストに「レイヤースタイル」を適用

先ほどグループ化したテキストレイヤーをコピーし、一つは非表示にしておきます。

*非表示したレイヤーグループは使用しませんが保険としてコピー

 

 

右クリックから【スマートオブジェクトに変換】

 

 

・描画モード:オーバーレイ

・不透明度:90%

 

 

【レイヤースタイル追加】から【レイヤー効果】を選択。

 

 

ドロップシャドウ

・描画モード:オーバーレイ(黒)

・不透明度:24%

・角度:160°

・距離:65px

・スプレッド:0

・サイズ:60px

・ノイズ:0

 

シャドウ(内側)

・描画モード:スクリーン(白)

・不透明度:100%

・角度:120°

・距離:5px

・チョーク:3px

・サイズ:16px

 

光彩(外側)

・描画モード:オーバーレイ

・不透明度:23%

・ノイズ・0

・スプレッド:0%

・サイズ:76px

・範囲:51%

・適用度:0%

 

ベベルとエンボス

・スタイル:ベベル(内側)

・テクニック:滑らか

・方向:上へ

・サイズ:81px

・ソフト:0%

・角度:120°

・高度:30°

・ハイライトのモード:スクリーン(白)

・不透明度:63%

・シャドウのモード:オーバーレイ(黒)

・不透明度:23%

 

サテン

・描画モード:スクリーン(白)

・不透明度:30%

・角度:19°

・距離:117px

・サイズ:51px

 

レイヤーパネルはこのようになっています。

 

 

画像は雲に近づいてきました。

 

「雲模様1」を二つ作成し調整

新規レイヤーを作成。

 

 

【塗りつぶしツール】のカラーはで塗りつぶします。

 

 

【フィルター】メニュー【描画】から【雲模様1】を選択。

 

 

レイヤーパネルから【雲模様1】を適用したレイヤーをコピー。

上位にあるレイヤーは非表示にしておきます。

 

 

下段の【雲模様1】レイヤーを右クリックから【クリッピングマスク作成】

 

 

非表示にしていたレイヤーを表示させ、

・描画モード:スクリーン

 

 

ここまででこのようになりました。

 

 

【塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成】アイコンから【レベル補正】を選択。

 

 

以下のように設定しました。

 

 

・不透明度:50%

 

 

ここまででこのようになりました。

 

「べた塗り」

新規レイヤーを作成し【べた塗り】を適用。

 

 

・カラー:0096ec

 

 

・描画モード:カラー

・不透明度:50%

 

 

【色相・彩度】を選択。

 

 

・色相:+5

・彩度:-35

・明度:+5

 

 

【レベル補正】を選択。

 

 

以下の数値に設定。

 

 

ここまででこのようになりました。

 

 

先ほど作成した【雲模様1】の間に鳥のシルエットを配置。

*マスクし不要部分をブラシで消しています。

 

 

鳥が雲と雲文字の間に配置されました。

 

「ハイパス」「逆光」を適用

【Ctrl】+【Shift】+【Alt】+Eを押し表示レイヤーを結合(表示部分をスタンプ)します。

このように表示部分が一つになったレイヤーを選択。

 

 

【フィルター】メニュー【その他】から【ハイパス】を選択。

 

 

半径:2.0pixel

 

 

・描画モード:オーバーレイ

 

 

画像が少しシャープになります。

 

 

そのまま【フィルター】メニュー【描画】から【逆光】を選択。

 

 

・明るさ:100%

・レンズの種類:50-300mmズーム

 

 

これで完成です。

 

チュートリアル動画

まとめ

雲ブラシなど作成しておけばさまざまな応用ができます。同様の方法(設定数値等は画像によって調整)で動物などでも可能なのでいろんな雲を作成してみてください。

 

 

今回は「【Photoshop】文字を雲のように表現する雲文字作成方法」でした。

また、次回をお楽しみに。

最新情報をチェックしよう!
>「わかりやすさ」は「衝撃的」

「わかりやすさ」は「衝撃的」

脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。

CTR IMG