イラストレーターでは7種類の行揃えがあり、段落ごとに「段落」パネル【Alt】+【Ctrl】で設定ができます。

行揃え

テキストボックス内の適用したい段落を選択します。

「段落」パネルまたはコントロールパネルから適用させたい行揃えをクリックします。

テキストが揃います。

左揃え【Shift】+【Ctrl】+L

中央揃え【Shift】+【Ctrl】+C

右揃え【Shift】+【Ctrl】+R

均等配置(最終行左揃え)【Shift】+【Ctrl】+J

均等配置(最終行中央揃え)

均等配置(最終行右揃え)

両端揃え【Shift】+【Ctrl】+F

以上、7つの中で「左揃え」「中央揃え」「右揃え」はテキストボックスを使用せずに適用できます。テキストボックス詳細は下記の記事で。

Lesson48-文字の入力、操作方法1

インデント(字下がり)と段落間隔設定

テキストエリアに入力した文字は、「インデント」の設定、間隔の設定ができます。

左インデント(赤枠)
行頭のマージン幅を設定します。

右インデント(オレンジ枠)
行末のマージン幅を設定します。

一行目左インデント(黄色枠)
左インデントの値に加えて1行目だけに適用するマージン幅を設定します。

段落間隔(緑枠、青枠)
前段落と現在の段落の間の間隔を設定します。

文字の組み方向

横に組んだテキストを縦に変更や、縦に組んだテキストを横にすることもできます。

選択ツールでテキストオブジェクトを選択します。

「書式」メニュー内の「組み方向」から「縦組み」を選択します。

縦組みに変更されます。

また、縦組みにした場合、欧文フォントや数字が横になった状態になります。これらを縦組みに治すことができます。

「文字」パネルの「縦組み中の欧文回転」を使用します。

適用されます。

割注

「割注」を使うと、選択した部分を小さくし2行にすることができます。

適用させたい文字を選択します。

「文字」パネルから「割注」を選択します。

適用されます。