オブジェクトのアンカーポイントやセグメントを調整し、パスの形を変形、修正することができます。

曲線部分を変形・調整する方法

アンカーポイントを移動させ変形、調整する
ダイレクト選択ツールでアンカーポイントを選択し、マウスでドラッグし移動させることでオブジェクトを変形、調整します。



曲線部分を選択し変形、調整する
ダイレクト選択ツールで曲線部分を選択し、マウスでドラッグします。

方向線(ハンドル)をドラッグし変形、調整する

また、方向線(ハンドル)は通常、ドラッグした反対側も動いてしまいますが、ドラッグした方向線のみを動かしたい場合、「ペンツール」内になる「アンカーポイント切り替え(【Shift】+C)で反対側は固定されます。

鉛筆ツール、を使った曲線の修正

鉛筆ツールで、選択したオブジェクトに線を書き込み曲線を修正できます。


スムーズツールで線を修正する

鉛筆ツールのサブツールにあるスムーズツールは、選択オブジェクトの曲線の元の形を保持した状態で、アンカーポイントを減らしスムーズな曲線にします。

「単純化」

「オブジェクト」メニューの「パス」内にある「単純化」はスムーズツールと同じようにパスを減らしたりし曲線をスムーズにします。

スムーズツールと違いパーセントで調整できるようになっています。