【illustrator】オブジェクトを揃える

Illustrator(基本操作)

「整列」パネルやコントロールパネルを使用して、オブジェクトを揃えることができます。また「整列」パネルで整えたオブジェクトは、グループ化されたオブジェクト単位となります。

「整列」パネルでオブジェクトを揃える

「整列」パネルは「ウィンドウ」内にあり、クリックするとパネルが開きます。

キーオブジェクト
基準となるキーオブジェクトを指定するとそのオブジェクトが基準となり整列します。選択ツールで整列させたいオブジェクト群を囲みます。

キー(基準)にしたいオブジェクトの端をクリックすると、キーオブジェクトとしてハイライト表示されます。

「整列」パネルで赤枠を選択すると高さが整列します。幅を均等にする場合、キー(基準)を外しオブジェクト群を選択し「オブジェクトの分布」の赤枠で均等になります。


「選択範囲に整列」「アートボードに整列」
キーオブジェクトを選択していなく「選択範囲に整列」では、オブジェクトを上端で揃えると、選択しているオブジェクトの一番上のオブジェクトに合わせて揃います。左揃え、下揃え、右揃えでも同じで、中央揃えの場合は、左右または上下のオブジェクトの中心に揃います。

「アートボードに整列」ではアートボードの上下左右、中央に揃います。「整列」パネル内に「等間隔に分布」が表示されていない場合、下図の赤枠をクリックで表示され、青枠クリックで整列方法の選択肢が表示されます。

間隔値を指定した均等配置

「オブジェクトの分布」で間隔値を指定する場合、キーオブジェクトを指定すると、設定した間隔値で均等に配置できます。

選択ツールで均等に並べるオブジェクト群を選択します。

キーオブジェクトを選択します。

「整列」パネルで調整します。垂直方向へ分布させる場合、赤枠をクリックし緑枠で数値を入力します。「オブジェクトの分布」でオレンジ枠をクリックし、「オブジェクトの整列」で青枠をクリックすると以下のようになります。

アンカーポイントを揃える

「整列」パネルで揃える
ダイレクト選択ツールで揃えたい部分のアンカーポイントを選択します。

「整列」パネルから赤枠を選んでクリックすると揃います。

「平均」コマンドで揃える
上記のようにダイレクト選択ツールで揃えたい部分を選択します。

「オブジェクト」メニューの「パス」内の「平均(【Alt】+【Ctrl】+J)を選択すると「平均」パネルが開きます。

【水平軸(H)】アンカーポイントの高さを揃えます。【垂直軸(V)】縦を揃えます。【2軸とも(B)】複数のアンカーポイントを完全に重ねる場合などに使います。

横(高さ)を揃えたいので「水平軸」でOKにします。

すると以下のように下がそろいます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則