シェイプ形成ツールでは、重なったオブジェクトのパスで囲まれた部分を合成したり、削除したりし、新しいオブジェクトを作成できます。

基本操作

合成する場合
対象となるオブジェクト全体を選択し、選択したらツールパネルから「シェイプ形成ツール」を選択します。

「シェイプ形成ツール」をクリックするとカーソルが下図のようになり、合成したい部分を選択します。

選択すると網目状にになり赤枠で表示されるので、繋げたい部分へカーソルをドラッグします。

すると、その部分が合成されます。

削除する場合
オブジェクトを選択し、「シェイプ形成ツール」を選択すると上記のように+の付いたカーソルが表示されます。削除する場合【Alt】キーを押すとカーソルが-に変わります。

その状態で不要な部分をクリックし削除していきます。

また、「合成する場合」で説明した手順で、ドラッグさせずにクリックだけした場合分離させることができます。

シェイプ形成ツールオプション

「シェイプ形成ツール」のアイコンをダブルクリックすると「シェイプ形成ツールオプション」が開き、オプション設定が可能になります。

【隙間の検出】
選択しているオブジェクトのパスとパスの間に隙間がある場合でも、閉じたエリアとして検出して合成、削除の対象とします。

【隙間の長さ】
検出する隙間の長さを設定します。

【塗りつぶされたオープンパスをクローズパスとして処理】
オープンパスに「塗り」が設定されている場合、クリーズパスとして処理します。

【連結モードで線をクリックしてパスを分割】
パスにカーソルが重なると連結モードカーソルに変わり、クリックすると対象となるパスの両端を結んだ線でエリアが分割されます。

【選択範囲】
直線はドラッグした際の線が直線になり、フリーフォームはカーソルの軌道で表示されます。

【塗り】
対象エリアを網目で表示します。

【編集可能なパスを強調表示】
対象パスを設定した色のハイライトで表示します。

「次のカラーを利用」

シェイプツールオプションの「次のカラーを利用する」も設定により、元のオブジェクトの色を適用するか、スウォッチから適用するかを選択できます。

・オブジェクトを選択した場合
ドラッグを始めたエリアの色やアピアランスが合成したエリアのアピアランスとなり、オブジェクトのない位置からドラッグした場合は、マウスボタンを放した場所のアピアランスが適用されます。


また、ドラッグの開始、終了のどちらにもオブジェクトがない場合は、最前面にあるオブジェクトのアピアランスが適用されます。

・スウォッチを選択した場合
ドラッグ前に「スウォッチ」パネルで選択した色が合成したエリアの色となります。また「カーソルスウォッチプレビュー」にチェックを入れるとカーソル上部に選択している色が表示され、キーボードの矢印キーで選択できます。