【illustrator】「塗りブラシツール」と「消しゴムツール」・「消しゴムツールオプション」と「塗りブラシツールオプション」

Illustrator(基本操作)

塗りブラシツールはドラッグで描画でき、作成されたオブジェクトはアウトライン化したパスになります。消しゴムツールはドラッグした部分を消去するツールです。

塗りブラシツールで描画

塗りブラシツール(【Shift】+B)は、ドラッグした軌跡を「ブラシ」パネルで選択したブラシで描画します。ブラシツールとの違いは、パスはアウトライン化したオブジェクトになります。

ブラシツール

塗りブラシツール

使用用法は、ツールパネルから選びます。ブラシツールとセットに入っているので塗りブラシツールを選択し、次に上部パネルで線の太さなど設定します。

描画中のブラシの大きさ変更は、[]でできます。[ 、は小さくし、 ]、は大きくします。塗り足しなどもオブジェクト上からできます。

消しゴムツール

この消しゴムツールは、オブジェクトに対しドラッグした部分を消去します。「消しゴムツール」を選択し、消去したい部分にドラッグを行います。

このように、葉っぱ部分に虫食い痕をつけられます。

塗りブラシツールオプション・消しゴムツールオプション

各ツールパネルのアイコンをダブルクリックすると各ツールオプションが開き、形状などの編集が行えます。


「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則