「不透明マスク」は、オブジェクトの色やトーン(階調)を使ったマスクで、最前面にあるオブジェクトのグラデーションやパターンなどのペイント設定の色の輝度に応じて、背面のオブジェクトに透明効果を適用して表示します。通常のマスクでは最前面にあるオブジェクトの形状で背面オブジェクトを型抜きします。

不透明マスクの作成

不透明マスクを作成する場合、オブジェクトを選択し「透明」パネルから「不透明マスクを作成」を選択します。

オブジェクトを描画、あるいは写真画像を配置します。

次に好きな形のオブジェクトを作成し黒塗りします。

「グラデーションメッシュ」を選択します。

先ほど黒塗りしたオブジェクトに「グラデーションメッシュ」を適用させます。中央部分をクリックし白を適用させます。

グラデーションメッシュを適用させたオブジェクトを前面にし、オブジェクトを重ねます。

重ねたら、両方のオブジェクトを選択します。

「透明」パネルの「マスク作成」か「透明」パネルの右にあるオプションをクリックし「不透明マスクを作成(M)」をクリック、または上部に表示されている「不透明度」をクリックし「マスク作成」をクリックします。

作成したら「クリップ」にチェックを入れます。「クリップ」はマスクオブジェクトの形状でクリッピングするかしないかになります。

これで完成します。

マスクオブジェクトの色とマスクの関係性
不透明マスクでは、前面オブジェクトの色の輝度を元になっています。黒が濃いほど透明になり、白いほど元のオブジェクトが表示されます。

「不透明マスク」の解除

一度不透明マスクを設定しても解除することができます。

「不透明マスク」オブジェクトを選択し、「透明」パネルの「解除」をクリックします。

不透明マスクオブジェクトの編集

不透明マスクの前面オブジェクトは、マスクを適用後でも、形状や位置、ペイント設定の変更ができます。

「透明」パネルのマスクオブジェクトぼサムネイルを【Alt】+クリックします。

前面オブジェクトだけが表示され編集ができます。

元に戻す場合、編集が終わった場合「透明」パネルのオブジェクトのサムネイルをクリックします。

これで編集ができました。