【illustrator】文字の入力、操作方法1

Illustrator(基本操作)

テキストエリアを作成し文字入力やパスに沿っての文字入力など、イラストレーターには様々な文字機能が充実しています。

文字入力

基本的な文字入力は、アートワーク内のクリックした位置から入力されます。

文字ツールをクリックします。

アートボード内をクリックするとテキストの入力表示が点滅しますので、文字入力を開始します。改行する場合【Enter】キーを押します。

入力を終えたら、文字ツールをクリックすると確定します。

入力した文字は、テキストオブジェクトとなるので通常のグラフィックオブジェクトと同様に移動、変形、塗り、線、スタイル、効果などの適用が可能です。

また、文字の追加や削除する場合、文字ツールを再び選択し、文字上にカーソルを合わせクリックすると入力モードに変わるので編集できます。

テキストエリアを作成し文字入力

テキストエリアは文字入力の範囲を制限します。

文字ツールを選択し、アートボード上でドラッグします。


カーソルが点滅すると文字入力できます。テキストエリアの範囲で文字は自動的に改行されます。また、テキストエリア内に文字が入りきらない場合、文字はオーバーフローします。

オーバーフローすると、テキストエリア内の最終行に注さな四角が表示されます。その場合テキストエリアを選択ツールで広げると入りきらなかった文字が表示されます。

オブジェクト内に文字を入力する

「エリア内文字ツール」を使うとオブジェクト内に文字入力ができます。文字入力をすると、オブジェクトはテキストエリアに変更されます。

「エリア内文字ツール」を選択します。

オブジェクトのパス上でクリックします。

テキストエリアに変更されるので文字入力ができます。

パスに沿って文字入力をする

「パス上文字ツール」を使うと、オブジェクトのパスに沿って文字入力ができます。パスはオープンパス、クローズパスのどちらでも可能です。

「パス上文字ツール」を選択します。

パス上をクリックするとカーソルが点滅し、文字入力ができます。

文字の始点を移動させる場合選択ツールでブラケット(下図の〇で囲った部分)ドラッグすると移動させることができます。

パス上文字オプション
パス上に入力した文字を選択し、ツールパネルの「文字ツール」アイコンダブルクリックします。すると「パス上文字オプション」が開くのでさまざまな設定ができます。

効果
効果には「虹、歪み、3Dリボン、階段状、引力」があり、パス上の文字の沿い方を設定できます。


歪み

3Dリボン

階段状

引力

反転

文字をパスの反対側に移動します。

パス上の位置
位置には「アセンダ」ディセンダ」「中央」欧文ベースライン」がありパスと文字の位置を設定します。

アセンダ

ディセンダ

中央

欧文ベースライン

間隔
文字の間隔を設定します。マイナス値で広がり、プラス値で狭くなります。

変形ツールでテキストオブジェクトを変形

テキストオブジェクトも通常のオブジェクト同様に「オブジェクト」メニューの「変形」にある各コマンドで変形できます。

選択ツールで選択した場合
選択ツールで選択した場合、パスも文字も含めて全体が選択されます。

選択ツールで選択します。

「オブジェクト」メニューの「変形」、またはアートボード上で右クリックから「変形」を選択し内容を選び適用させます。

「シアー」にするとテキスト全体が傾きます。

グループ選択ツールを選択した場合
文字以外のテキストエリアを、グループ選択ツールでパス上をクリックし選択して変形した場合テキストエリアだけが変形します。

グループ選択ツールを選択します。

カーソルをテキストエリア上に合わせクリックし選択します。

「シアー」にするとテキストエリアが傾きます。

テキストエリアのオブジェクトをペイント

テキストエリアのオブジェクトは、文字の流れを制御するもので、ペイント設定は「塗り」「線」は自動的になしになります。

テキストエリアやパスに色や線をつける場合、ダイレクト選択ツールかグループ選択ツールでテキストエリアのパスを選択しペイントを設定します。また、選択ツールで選択した場合テキストにペイント設定されます。

テキストエリアをダイレクト選択ツールでクリックします。

「カラーパネル」や「スウォッチ」パネルで「塗り」「線」を設定します。

テキストエリアに適用されます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則