鉛筆ツールやブラシツールなどではフリーハンドで描画できます。そうさは基本的にマウスをドラッグして描画していきます。

鉛筆ツール・ブラシツールで線を描く

鉛筆ツール、ブラシツールを選択します。

次に、上部から線の太さや形状を選択します。

様々な形状や装飾が用意されているので、用途に応じて選びます。

あとは、ドラッグしながら描画していきます。

鉛筆ツールオプション・ブラシツールオプション

鉛筆ツール、ブラシツールのアイコンをダブルクリックするとそれぞれのツールオプションが開きます。

数値を変えると作成されるパスのアンカーポイントの数を調節でき、線の滑らかさの度合いなど調節できます。

【精度】
ドラッグした軌道に対し、どの程度の制度で曲線を描くか設定でき、「滑らか」に近いほど曲線は滑らかになり、「精細」に近いほどドラッグした軌道に近いものとなります。