【Illustrator】フリーハンド描画ツール(鉛筆ツール・ブラシツール・塗りブラシツール)

鉛筆ツールやブラシツールなどではフリーハンドで描画でき、操作は基本的にマウスをドラッグして描画していきます。作成したフリーハンド曲線も実際には細かい直線や曲線がつながったパスでありベクトル画像になります。

鉛筆ツール

鉛筆ツールは鉛筆で描いたような硬い(境界線がくっきりとした)線を作成します。

ツールパネルから「鉛筆ツール」を選択します。

 

コントロールパネルの「線幅」ボックスから線の太さや形状を設定変更できます。

 

 

様々な形状や装飾が用意されているので、用途に応じて選びます。作成後でも変更することができます。

 

 

 

ワークスペース上でドラッグするとマウスポインタ―の軌跡で描くことができます。

先端や線中にある点は「アンカーポイント」といい、線どうしをつないでいます。パスやアンカーポイントについてはこちらを参照ください。

関連記事

描画用のツールで描いた線や図形は、パスと呼ばれる線となり、そのパスの構造を説明します。オブジェクトとアートワークイラストレーターで何かを作成するとき、描画ツールを使用して線や図形を描画します。作成物によっては写真などを貼り付けます。[…]

「鉛筆ツール」の軌跡の精度など設定を変更する場合「鉛筆ツール」のアイコンをダブルクリックして「鉛筆ツールオプション」ダイアログボックスを開きます。数値を変えると作成されるパスのアンカーポイントの数を調節でき、線の滑らかさの度合いなど調節できます。

【精度】
ドラッグした軌道に対し、どの程度の制度で曲線を描くか設定でき、「滑らか」に近いほどアンカーポイントの数が少なくなるので軌跡と少しずれた滑らかな線になります。「精細」に近いほどアンカーポイントの数が多くなりドラッグした軌道に近いものとなります。


「選択したパスの編集」のチェックを入れると、作成直後の線の一部を引き直して修正することができます。

 

ブラシツール

「ブラシツール」はブラシで描いたような柔らかな線を作成でき、さまざまな形状のブラシを選択できます。

ツールパネルの「ブラシツール」を選択します。

コントロールパネルの「ブラシを定義」で指定した形状で描画できます。クリックするとパネルが開くので変更できます。「ウィンドウ」メニュー「ブラシ」でブラシパネルからも同様に設定ができます。作成後でも変更ができます。

 

左下の「ブラシライブラリメニュー」にさまざまな形状が登録されています。

 

 

ワークスペース上でドラッグするとマウスポインタ―の軌跡で線(パス)になります。

 

また、「鉛筆ツール」同様に「ブラシツール」のアイコンをダブルクリックすると「ブラシツールオプション」ダイアログボックスが開きます。

 

 

 

塗りブラシツール

塗りブラシツールはドラッグで描画でき、作成されたオブジェクトは描いた軌跡の輪郭がパスになる(アウトライン化したパス)になります。

ツールパネルの「塗りブラシツール」を選択します。

ワークスペース上でドラッグするとマウスポインターの軌跡の輪郭が縁どられ、パスになります。

 

ツールパネルの「塗りブラシツール」アイコンをダブルクリックすると各ツールオプションが開き、形状などの編集が行えます。

 

 

 

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>            チュートリアル動画はもう見ましたか?

            チュートリアル動画はもう見ましたか?

                  ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。