【illustrator】グラフツールの使い方

グラフツールは自動でグラフを作成できます。機能自体はシンプルで表計算ソフトほどではありませんが、グラフイラストが簡単に作成できます。

グラフの種類と作成

グラフツールをクリックし、描画したい場所にドラッグします。

 

 

描画したグラフをクリックし選択するとワークシート(表)が出ますので、そこに数値を入力し赤枠のチェックマークをクリックします。

 

 

すると、その数値が適用されたグラフが作成されます。また、ワークシートにはExcelのセルデータをコピペすることもできます。

 

 

グラフは上記を含んで以下のように全部で9つの形式が用意されています。

 

 

グラフを変更する場合は、グラフツールのアイコンをダブルクリックし、赤枠内から選択し「OK」で変更できます。

 

 

また、グラフに影をつけたり、凡例を上部に表示させることも可能です。

 

 

グラフの色を変更する

グラフツールで作成したグラフの色を変更する場合、ダイレクト選択ツールやグループ選択ツールで指定した部分を変更できます。

【AdobeCC基礎マスター講座】

Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を間36,346円(税込39,980円)で同時に全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)基礎がしっかり学べるお得なパッケージプランです。

最新情報をチェックしよう!
>チュートリアル動画はもう見ましたか?

チュートリアル動画はもう見ましたか?

ご視聴と感想をお待ちしております。チャンネル登録・高評価もお願いします。

CTR IMG