遠近グリッド内では、長方形ツール、楕円ツールなどの描画ツールをを使うと、グリッドに沿って遠近感を持った状態で描画できます。また、通常モードで描画したオブジェクトを遠近グリッド内に入れて遠近感を持たすことができます。

グリッドの沿って描画するだけで簡単に遠近感のあるオブジェクトが描画できます。

遠近グリッドの表示と種類

ツールパネルの「遠近グリッド」をクリックするか、上部から「表示」メニューの「遠近グリッド」、「グリッド表示(【Shift】+【Ctrl】+I)で選択できます。

遠近グリッドを消す場合は上記の「グリッド表示(【Shift】+【Ctrl】+I)が「グリッドを隠す(【Shift】+【Ctrl】+I)になっていますのでそこをクリックで非表示にできます。

【定規を表示】
グリッドの高さや方向に定規を表示させます

【グリッドにスナップ】
グリッドにカーソルを吸着させます。

【グリッドロック】
グリッドを編集できないようにロックします。

遠近グリッドのパターンは3つあります。

【一点遠近法】

【二点遠近法】

【三点遠近法】

グリッドは以下のよう表示範囲、消失点の水平、高さの調整、グリッドのサイズ変更などが行えます。

【グリッドを定義】
「遠近グリッドを定義」が開き、遠近法の種類や単位、角度など指定することができます。

・プリセット
保存されているプリセットを呼び出します。

・種類
遠近図法を選択できます。

・単位
グリッドの単位設定。
・相対比
通常モードとグリッド内の単位の比率を設定。

・グリッド間隔
グリッドの間隔設定。

・グリッド角度
グリッドを表示する角度の設定。

・表示距離
左右の消失点の中央から消失点までの距離を設定でき、消失点の距離は、ここでの数値の2倍になります。

・水平方向の高さ
消失点の水平線からの高さを指定します。

グリッド内での描画方法と使用できる描画ツール

遠近グリッドを表示させた状態で描画したときは自動で遠近感のある描画になります。遠近グリッド内で、グリッドに沿って描画できるツールは以下になります。

・長方形ツール
・楕円形ツール
・スターツール
・スパイラルツール
・角丸長方形ツール
・多角形ツール
・円弧ツール
・長方形グリッドツール
・同心円グリッドツール
・テキストツール

描画する際、描画するグリッド面は以下のカラーの面が適用グリッド面になります。クリックで選択か、ショートカットキーで変更できます。

左面グリッド:(1)キー

水平面グリッド:(2)キー

右面グリッド:(3)キー

グリッド選択なし:(4)

選択したら各描画ツールで描画開始です。