【illustrator】「選択」メニューの使い方

Illustrator(基本操作)

イラストレーターの「選択」メニューでは、さまざまな方法でオブジェクトを選択することができます。複雑なアートワークであった場合などには有効な方法です。

共通の属性で選択する

「選択」メニューの「共通」では、塗りや腺のカラー、描画モード、不透明度などが同じオブジェクトをすべて選択することができます。

 

【アピアランス】
選択したオブジェクトと同じアピアランスのオブジェクトだけを選択できます。

 

【アピアランス属性】
「アピアランス」パネルで選択した属性を持つオブジェクトだけを選択できます。



 

【描画モード】
選択したオブジェクトと同じ描画モードを持つオブジェクトだけが選択されます。


 

【塗りと線】
選択したオブジェクトと同じ「塗り」と「線」の色を持つオブジェクトだけが選択されます。

 

【カラー(塗り)】
選択したオブジェクトと「塗り」の色が同じオブジェクトだけが選択されます。

 
【カラー(線)】
選択したオブジェクトと同と「線」の色が同じオブジェクトだけを選択できます。


【不透明度】
選択したオブジェクトと同じ不透明度の数値を持つオブジェクトとだけを選択できます。

*イラストはこちらを参照「Freepikによるデザイン

【線幅】
選択したオブジェクトと線幅が同じオブジェクトだけを選択できます。

【グラフィックスタイル】
選択したオブジェクトとグラフィックスタイルが同じオブジェクトだけ選択します。

共通のオブジェクトを選択する

「ブラシストローク」「テキストオブジェクト」など、オブジェクトの属性によって特定のオブジェクトをピックアップすることができます。また、「余分なポイント」では独立し点を選択できます・

【ブラシストローク・鉛筆ブラシストローク】
ブラシストローク、鉛筆ブラシストロークのそれぞれで描画したオブジェクトだけを選択できます。

【テキストオブジェクト】
テキストオブジェクトのみを選択します。全てのテキスト選択か、ポイント文字、囲ったエリア内かなど選択できます。

【余分なポイント】
孤立店やパス上の不要なポイントだけを選択します。

重なったオブジェクトの個別選択と選択範囲の保存

オブジェクトが重なっている場合、「選択」メニューの「前面オブジェクト(Alt】+【Ctrl】+])または、「背面オブジェクト(【Alt】+【Ctrl】+[)で選択オブジェクトのすぐ前、またはすぐ後ろのオブジェクトを選択できます。

オブジェクトを選択し、「選択範囲の保存」を選択すると、選択した状態で名前を付けて保存ができます。

保存したオブジェクトの選択状態は「選択」メニューに追加され、いつでも呼び出すことができます。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則