フォトショップでタイルを並べたようなスクウェア・エフェクト

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップでタイルを並べたようなスクウェア・エフェクトの作成方法です。

 

今回使用した画像

新規ドキュメント設定、ガイド表示、選択ツール

新規ドキュメントを赤枠の数値で作成します。

 

 

「表示」メニューから
「表示・非表示」内の「グリッド」チェックを入れ表示させます。

 

 

「編集」メニューの
「環境設定」内の
「ガイド・グリッド・スライス」を選択します。

 

 

「グリッド線」赤枠の数値に変更しておきます。

 

 

このようになります。

 

 

次に、「選択ツール」「一行選択ツール」を選択します。

 

 

【Shift】を押しながら、
グリッド線に合わせてクリックしていきます。

 

 

グリッドの横線をすべて選択したら、
今度は「一列選択ツール」を選択し、
縦のグリッドに合わせてShift】を押しながらクリック

 

グリッド線すべて選択します。

 

 

そのまま「レイヤーパネル」「新規レイヤーを作成」し、
作成したレイヤーを選択します。

 

 

「編集」メニューから「塗りつぶし」を選択します。

 

 

「内容」をホワイトにしOK。

 

 

「表示」メニューから
「表示・非表示」「グリッド」のチェックを外し、
非表示にしておきます。

 

画像レイヤー、自動選択ツール、塗りつぶし

画像を真ん中に配置します。

 

 

先ほど塗りつぶした線が上になりこのようになっています。

 

 

先ほどグリッド上に塗りつぶしをした「レイヤー1」を選択します。

 

 

「選択ツール」「自動選択ツール」を選択します。

 

 

オプションバーで以下のように設定しておきます。

 

 

「自動選択ツール」白く塗りつぶす部分のマスをクリックし選択していきます。

 

 

選択したら「編集」メニューから
「塗りつぶし」を選択し、「ホワイト」にしOK。

 

 

ここまでで、周りが白く塗りつぶされています。

 

自動選択ツール、「塗りつぶしまたは調整レイヤーを作成」「カラーバランス」

一番上の最初のレイヤーを選択します。

 

 

「選択ツール」「自動選択ツール」を選択します。

 

 

 

カラーにしていく部分のマスをランダムに選択していきます。

 

 

 

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを作成」アイコンをクリックし、
「カラーバランス」を選択します。

 

 

数値を変更します。

 

 

このように選択部分が変わります。

 

 

再度、「レイヤーパネル」「レイヤー1」を選択します。

 

 

同様の手順で「自動選択ツール」で色を変える箇所を選択します。

 

 

ここも同様に「塗りつぶしまたは調整レイヤーを作成」アイコンをクリックし、

「カラーバランス」を選択し、数値を変更。

 

 

このようになります。

 

 

「レイヤー1」、
「自動選択ツール」
「塗りつぶしまたは調整レイヤーを作成」
「カラーバランス」

この手重を繰り返します。

 

ちなみに、「カラーバランス」以外で色を変えてもOKです。

 

 

これを繰り返したら、もうほぼ完成です。

 

「レイヤーパネル」はこのようになっています。

「レイヤースタイルを追加」「境界線」

次に「レイヤー1」を再度選択し、下にある「レイヤースタイルを追加」アイコンをクリックします。

 

 

「境界線」をクリックします。

 

 

パネルが開いたら「境界線」の数値を「3」に変更します。

線の隙間が変更されました。

 

 

あとは、好きなテキストを入力すれば完成。

 

 

非常に簡単な工程なので、色々アレンジしてみると面白いと思います。

 

お疲れ様です。

「広告作成などに」おすすめ書籍

「超」ぶっとび広告事例集
売れる広告が使う秘密の心理技術
パフォーマンスアップ3つの法則