【フォトショップ】コミック・アメコミ風に画像を加工する

Photoshop(応用、レタッチ)

フォトショップで人物画像をアメコミ風に加工する方法です。

使用画像

「男性レイヤー」を加工

男性レイヤー上で右クリック「スマートオブジェクトに変換」を選択。

 

 

変換したら複製し、それぞれを分かりやすく名前を変更

男性レイヤー以外を目隠しし、男性レイヤーを選択します。

 

 

「イメージ」メニューから「色調補正」、白黒」を選択し初期設定で適用。

 

 

もう一度「イメージ」メニューから「色調補正」、「シャドウ・ハイライト」を選択。

 

 

数値を以下のように変更。

 

 

続けて、「フィルター」メニューから「ぼかし」、「ぼかし(ガウス)」を選択。

 

 

半径を変更。

 

 

最後に「イメージ」メニューから「色調補正」、「ポスタリゼーション」を選択。

 

 

数値を「7」に変更。

 

 

レイヤパネルはこのようになっています。

 

 

ここまででこのようになります。

 

「ドットレイヤー」を加工

「ドットレイヤー」を選択。

 

 

「イメージ」メニューから「色調補正」、「白黒」を適用。

 

 

次に「フィルター」メニューの「ピクセレート」、「カラーハーフトーン」を選択。

 

 

以下の数値に変更。

 

 

「フィルター」メニューから「ぼかし」「ぼかし(移動)」を選択。

 

 

「角度」「距離」を変更。

 

 

レイヤパネルで、描画モードを「ソフトライト」に変更。

 

 

ここまででこのようになっています。

 

「輪郭レイヤー」を加工

「輪郭レイヤー」を選択。

 

 

「フィルター」メニューの「表現手法」から「輪郭検出」を選択。

 

 

「イメージ」メニューから「色調補正」、「レベル補正」を選択。

 

 

数値を以下のように変更。

 

 

レイヤーパネルで描画モードを「乗算」に変更。

 

 

ここまででこのようになっています。

 

「べた塗り」を適用

レイヤーパネルの「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンをクリックし、「べた塗り」を選択。

 

 

カラーを以下に設定。

 

 

描画モードを「ソフトライト」に変更。

 

 

このような色合いに変更されました。

 

「アメコミドット赤」レイヤーを追加

「アメコミドット赤」を追加し「ソフトライト」にしておきます。

後から「通常に」戻します

 

 

「ペンツール」で人物を囲み「選択範囲を作成」

 

 

画像上で右クリックし「選択範囲を反転」を選択。

 

 

レイヤーパネル下部の「レイヤーマスクを追加」アイコンをクリック。

 

 

マスクが作成されました。また描画モードを「通常」に戻します。

 

 

ここまででかなりアメコミ風になりました。

 

最後に吹き出し、テキストなどを追加

吹き出しとテキストを入力し、背景カラーを変更し、ドットを追加し「ソフトライト」に変更。

 

 

 

これで完成です。

 

 

動画チュートリアル

まとめ

カラーを変更したり、吹き出しを変えれば色んなシーンを表現でき、コミックを作成することもできるので時間があればやってみたいなと思います。ぜひチャレンジ。

コチラも参考に。

【フォトショップ】レトロなアメコミ・コミック加工(コミックフレーム使用)

2018.11.20