フォトショップで氷のように凍り付いた文字(アイステキスト)の作成方法です。

今回使用した画像




テキストを入力し、氷テクスチャにマスクを作成

「横文字ツール」でテキストを入力します。

「ICE」と2「 Friends of the opposite side 」を作成しています。

 

 

「ICE」テキストの上に「氷-1」テクスチャを配置します。

 

 

「ICE」テキストのサムネイ上で、

【Ctlr】+クリックします。

 

 

「ICE」テキストの形で選択範囲が作成されます。

 

 

「氷-1」のテクスチャをクリック選択します。

 

 

「レイヤーパネル」下部から「マスク」を追加します。

 

 

「マスク」が追加されました。

 

 

画像はこのようになります。

 

 

次に、2「Friends of the opposite side」の上に「氷-2」を配置します。

 

 

先ほどの手順同様に、

「Friends of the opposite side」【Ctlr+クリック】

 

 

「選択範囲」が作成されます。

 

 

「氷-2」を選択し「マスク」を追加します。

 

 

ここまでで、画像はこのようになります。

 

「レイヤースタイル」から「ベベルとエンボス」「光彩(内側)」を適用させる

「氷-1」マスクサムネイルクリック選択します。

 

 

「レイヤースタイルを追加」アイコンをクリック

 

 

「レイヤー効果」をクリック。

 

 

「ベベルとエンボス」を選択し、

以下の数値に変更します。

 

 

次に「光彩(内側)」を選択し、

数値を変更。

 

 

このようになります。

 

 

「氷-2」同様の手順で変更します。

 

 

このようになります。

 

 

さらにひと手間、

 

「氷-1」のマスクサムネイルをクリック選択し、

 

 

「フィルター」から、

「ピクセレート」「水晶」を選択。

 

 

数値を変更。

 

 

ギザギザ感が出て、より氷っぽくなりました。

 

「氷-3」を重ね、その他のパーツも配置

一番上に「氷-3」を配置、

「ソフトライト」にし「不透明度」を下げます。

テキストレイヤーは必要ないので目隠ししておきます。

 

 

薄っすらと氷の膜ができました。

 

 

次に「ペンギンと白クマ」画像を配置。

「ハードライト」に変更します。

 

「ペンギンと白クマ」画像を

「新規レイヤーを作成」にドラッグでコピーし「通常」にします。

 

最後に、背景画像を配置。

 

 

 

以上で完成です。

 

 

 

動画チュートリア

 

まとめ

テクスチャを変えれば違う雰囲気の氷文字が作成できます。

また「ストーンテキスト」も似たような工程なので、ぜひ。

【フォトショップ】石を彫刻したような「ストーンテキスト」の作成方法